LOG IN

和菓子を久々に頂きました。

by 就労移行支援 あるてぃー

本格的な和菓子を食べたのは、1年以上前。

こんにちは、職業指導員の上野です。

先日、就職を決めた訓練生が、和菓子と緑茶を差し入れしてくださいました。
和菓子は、すごく久しぶり。

あるてぃー訓練生全員分の差し入れでも大変なのに、
和菓子1つづつに訓練生をイメージした一言が添えられていました。

漢字が難しい…。

箱を開けた時に、
「わぁ!」という感動のすぐ後に
「これ、なんて読むの?」と心つぶやき。

すぐにネット検索。考えるだけでも大変なのに、こんな難しい漢字で表現してくるとはっ。
それでも、嬉しいですよね!すごく考えるのも大変だったと思います。
本当に感謝ですっ。

私のイメージは…。

私に対するイメージが難しい漢字だったらどうしよう。
スマホを片手に自分の和菓子を探す…。
すぐ検索して「読み」と「意味」を確認しておくため。

「ゴースト」…。 漢字じゃない…。
他の訓練生は、漢字なのに、「カタカナ」しかもどういうイメージ…?
すると、ハロウィーンが近いから特に意味は無いとのこと。「なあ〜んだ」と一安心。
ツッコミたい気持ちはものすごくあったが、そこは押さえて頂きました。

肝心な和菓子の撮影を忘れる…。

付箋に気をとられて、肝心な「和菓子」を撮影することを忘れた私…。
和菓子は、久しぶり。食べたあとに少し「ほっこり」するのは、日本人だからでしょうか?
とても美味しい和菓子ありがとうございました!


就労移行支援 あるてぃー
OTHER SNAPS