LOG IN

休み連絡は報告、連絡、相談?

by 就労移行支援 あるてぃー

こんにちは、職業指導員の上野です。本日は、ビジネス講座でした。本講座では、お辞儀の練習や挨拶への考え方、報連相を中心にディスカッション形式で訓練しています。


報連相の相談って何?

相談とは、選択肢を増やすことです。相談することにで自分では思いつかなかった選択肢が増えたり、自分の選択に自信がない時に、背中を押してくれることもあります。ただし、相談相手は、専門的な人でないといけません。専門的というのは、相談内容について詳しい人ということです。


仕事を休むことは、相談です。

本日の訓練のキモ。仕事を休む時、報告、連絡、相談のうちどれでしょうか?と尋ねてみました。すると、連絡と答えた方が圧倒的に多かったのです。これは間違いではないのです。これは、考え方の違いです。

仕事に来る、職場に居るのが前提

そもそも、仕事に来ること、職場に居ることが前提なのです。ですが、一番多かった連絡だと感じている方に質問をしてみると、「休むことを伝えるから」という考え方だったのです。本日の休みを決めるには、会社と本人で決めます。ですから、相談が適当なんですね。

遅刻や早退も同様

遅刻や早退も同様です。遅刻すること、早退することが当たり前ではないのです。会社に来ることが当たり前なんです。だから、遅刻も早退もその前に相談しましょう。


報連相ができると3つのトクをします。

これは、報連相に限らず、ビジネス講座全般で言えることです。

  1. 解く 誤解や間違いと解く。
  2. 人徳 人間力の徳が上がり協調性が生まれる。
  3. お得 それによって助けてもらえるお得感。

会社の休みや遅刻・早退は、ぜひ相談してください。新しい選択肢が増えて、アイディアを蓄えることによって、自分の考え方が変わり、色々なことに前向きになれますよ。


就労移行支援 あるてぃー
OTHER SNAPS