LOG IN

誕生日会と調理実習でお好み焼き。

by 就労移行支援 あるてぃー

こんにちは、職業指導員の上野です。タイミングが悪いとというか、ぎっくり腰をしてしまいました。本気で痛いです。そんな痛みに負けずに、お好み焼きの調理実習とお誕生日会を開催。地獄のような腰の痛みを耐えながら、お好み焼きを焼きまくるという事態…。

ホッとした瞬間。

見学体験の訓練生を1名含めて、全員が出席した本日の調理実習。何よりも訓練生同士が励まし、助け合う姿がなんとも言えない瞬間。訓練生の可能性を感じる瞬間がたくさんありました。

見学体験者が9割焼く事態に

お好み焼き…。正直うまくできるかどうか不安でしたが、なんとか30枚ほど焼きました。お好み焼きのほぼ9割を見学体験に来た方が、焼くという前代未聞の事態に。訓練生は、この見学体験者に拍手喝采。チームワークを感じることができた瞬間でした。

今回の実習科目は、広島風お好み焼き。広島風なので、広島焼きではない。あくまでも「〜風」。この広島風が意外にウケた。これなら簡単にできると訓練生からも好評でした。

今回は2人のお誕生日会

今回は、2人の訓練生の誕生会を開催。お好み焼きの調理実習の後に開催しました。プレゼントに喜んでいました。毎日、お弁当箱にお弁当を持参する2人に、お弁当箱をプレゼント。喜んでいただけました。ケーキは、沖縄市にある「なつのや製菓」のアップルパイ。これがたまらなく美味い。

次回のイベントは何にしようか?と企画に焦る中、お好み焼きは、当分いいかな…と感じるこの頃。訓練生の笑顔が最大限に引き出せる企画を今後も考えます。みなさん、お疲れ様でした。

終わりに

個人情報の都合で、たくさん撮った笑顔の写真を載せることができません。しかし、訓練生そして遊びに来てくださった相談員の皆さまには、満足いただいてようです。普段できない会話が、訓練生と支援者の間でできていたように見えました。たくさんの方にお越しいただいて、感謝しています。

どうも、ありがとうございます。


就労移行支援 あるてぃー
OTHER SNAPS